グレープフルーツ果皮油 グレープフルーツ果皮油はヘアケアオイルとして使用することによって髪の毛の保湿効果なども得られるようになっています。 髪の毛や頭皮に皮脂が分泌されやすい体質の人は特にグレープフルーツオイルによる皮脂分泌抑制作用の効果が発揮されて過剰に分泌されすぎる皮脂を適度なレベルまで抑えることができるようになります。
イランイラン花油 髪に関して言うと、イランイランのオイルは昔からヘアオイルとして使用されていました。現在ヨーロッパなどでは、整髪料、育毛剤として大流行しています。頭皮の皮脂バランスを整え、頭皮の健康をサポートしてくれます。そのため、育毛や、抜け毛予防にも効果が期待できます。
ニオイテンジクアオイ油 肌をしなやかに保つ皮脂線からの油脂である皮脂の分泌バランスをとる作用があるため、全てのタイプの肌に役立つとされています。
バニラ果実エキス 肌やヘア、唇など、部分的に使用することで潤いを保つ働きが期待されます。この保湿作用により皮膚表面に保護膜を作り、お肌の潤いを保つのです。構成成分の中でも、バニリンはバニラ独特の香りの源であり、抗酸化作用もあるとも言われています。
レモングラス油 刺激を与えてくれる香りが、疲れた心に元気を与えてくれます。元気が出ると、将来への可能性をポジティブに考えられ、チャレンジ精神をもたらしてくれます。スッキリした香りの部分は、感情の流れをスムーズにしてくれます。
加水分解コラーゲン 何より安全性が高く、高い保湿力があります。また、加水分解を行っているので、より浸透しやすくなっています。
加水分解ケラチン 表皮の外側を保護し、乾燥を防ぎ水分を保持するコンディショニング作用があるので、化粧水、乳液、クリームなどの基礎化粧品からシャンプーやリンス、頭髪用化粧品、ネイルエナメルなどに幅広く使用されています。
加水分解ダイズタンパク 水分保持力が強いのが特長の化粧品成分で、保湿剤、肌あれ防止剤、乳化安定剤として化粧水、乳液、クリームなどに配合されています。またシャンプーにも使われ、頭髪に対し、しっかり吸着してダメージを補修し、外部刺激から守ります。植物由来のたんぱく質や低分子化したポリペプチドが保湿成分として使われるようになり、植物性コラーゲンと呼ばれています。
加水分解シルク その名の通りシルク(蚕の絹繊維)の分子をより小さくするために加水分解してできたタンパク質の一種です。 シャンプーによく利用される非常に安全性の高い成分です。 肌へ浸透しやすく保湿効果と被膜を作り刺激から肌を守る効果、美肌効果があります。 髪に対しては被膜形成効果によって傷んだところを補修したり、ハリとコシ・ツヤを与えます。 ただシルクが原料なので高価な物になります。
加水分解ガセイン 多くのたんぱく質加水分解物に比べると吸湿性は少ないですが、皮膚や毛髪に対する吸着性や浸透性に優れているので、良好な保湿効果が期待できます。また、チロシナーゼ活性抑制作用があり、メラニン色素の生成を抑える美白効果もあります。さらに、乾燥や紫外線などの外部刺激を受けた皮膚のバリア機能低下や乾燥を予防するなど皮膚に対する幅広い効果が期待できるためスキンケア化粧品やヘアケア化粧品に幅広く使用されています。
加水分解コンキオリン スキンケアとしては、皮膚細胞の活性効果があるので、保湿目的だけでなくエイジングケア化粧品にも配合されます。 毛髪への親和性も高く、つやとさっぱりした感触を与えるため、ヘアケア製品にも使用されます。
加水分解ゴマタンパクPG ゴマ由来のたんぱく質で、加水分解処理した成分。メチオニンやシスチンなどのアミノ酸を含む。ダメージ毛の修復、皮膜形成、保護剤として化粧品等で多く使用されています。
ゼニアオイエキス 昔から風邪によるのどの腫れや痛み、胃炎、膀胱炎、尿道炎などに粘膜を守る目的で用いられていました。最近は、ゼニアオイ花エキスには、フィラグリンの産生を促進する作用が明らかにされており(文献4:-)、フィラグリンの産生が増加することで角層のアミノ酸も増加され、結果的に水分量増加による保湿作用を有すると考えられます。
カイツレハナエキス ローマカミツレ花エキスは、もともとカモミール(ローマンカモミール)と呼ばれ、ハーブティーとして親しまれており、薬用ハーブとしてもヨーロッパを中心に防虫や肌を整える化粧水として使用されてきました。フランスでは最も使用される薬用植物のひとつであり、鎮静作用、中枢神経抑制作用、鎮痙作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用、鎮痛作用、月経困難症の緩和などの薬効が知られています
セイヨウノコギリソウエキス 2011年にはBG(ブチレングリコール)およびペンチレングリコールで抽出したセイヨウノコギリソウエキスに細胞賦活作用があることが明らかにされており、細胞の活性化によるシワの改善効果または毛穴の引き締め効果が認められており、エイジングケア化粧品に配合されています
スギナエキス スギナエキスにヒアルロン酸産生促進作用が認められています。
トウキンセンカ花エキス 優れた消炎作用・鎮痛作用・創傷治癒促進作用・抗刺激作用。これらの目的で、肌荒れ用または敏感肌用スキンケア化粧品をはじめ、ボディ&ハンドケア製品、日焼け止め製品、リップケア製品、パック&マスク製品、洗顔料などに使用されます。また、培養毛細胞組織の増殖が認められているため(文献6:1992)、頭皮ケア製品、ヘアケア製品、育毛剤などにも使用されます。
アルニカ花エキス アルニカ抽出物にACTH抑制によるメラノサイト活性化抑制作用(色素沈着抑制作用)が認められています。
フユボダイジュ花エキス 肌の潤い促進、乾燥によるかゆみ抑制、過剰な皮脂抑制などそれぞれポイントの違う植物エキスの相乗効果によって肌荒れやざ瘡を多角的に予防する
セージ葉エキス 動物試験ではありますが、NGF誘発神経細胞突起伸長の有意な抑制作用が明らかになっており、結果的に外用剤としての抗アレルギー作用および抗炎症作用が示唆されています。
ヘンナ葉エキス トリートメント効果にすぐれたヘナエキス(ヘンナ葉エキス)。成分が髪のケラチンタンパク質にからみつき、髪内部の空洞を埋めることで、ダメージを補修。同時に髪にハリ・コシ・ボリュームを与えます。
グレープフルーツ種子エキス 大量のビタミンC及びEが含まれています。GSEは安全で、かつ強力な抗菌、抗ウイルス、抗寄生虫、抗真菌、および抗酸化特性を持っていますので、様々な用途ができます。
商品一覧へ